ずーっと無料でドメイン毎に独自SSLが使えるレンタルサーバー「zenlogic」!早速独自ドメインにSSL設定してみました。


GoogleのSSL化が検索順位に影響もたせますよーぐらいから、「サーバーにSSLって必須だよね。」「そろそろクライアントもSSL化させんとあかんかな。」とか思いつつあるフリーランスの方々。

ただSSLさせるといっても、手間もありそうだし何より月々数百円しか使ってなかったサーバーに年間1万円単位のSSLサーバー証明書発行させるのは…というのも実情!


ですが!!ですが!大丈夫です!ファーストサーバーがが新たに始めたブランド「zenlogic」だとSSLが永年無料というスグレモノなのです!
関連リンク:2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー『Zenlogic』


このサーバーを見つけて、早速先日自分用に12ヶ月分を契約。
(その時の契約方法やFTP接続、独自ドメイン設定をまとめています。)
関連リンク:ロリポップぐらい簡単!zenlogic契約してみて独自ドメイン設定からFTPで接続するまでの流れをまとめてみました。

更に独自ドメインをzenlogicでSSLにもしてみましたので、こちらの方法もまとめてみます。


ムームードメインで取得した独自ドメインに独自SSLを設定してみました。


独自ドメインを独自SSLにするといっても何も難しいことはありません。
まずZenlogic』でサーバーを契約して、独自ドメインを設定します。


19
そこからzenlogicウェブサイト内にあるLet’s Encryptの申し込みフォームに情報を入力するだけ。(入力する内容はサーバー契約した情報でOK。)
コモンネームにはSSL発行したい独自ドメインをまるごといれればOK。



20
受付メールが届きます。

そしてここから何をする必要もなく。



21

下記のメールが数日で届いたら勝手にSSL化されています。



27

こちらがその独自ドメインをSSL化したもの。しっかり左側のアドレスバーのところも鍵マークがついています。



zenlogicの凄いところは、独自SSLが永年無料!独自ドメインにも設定できるということ。


現在zenlogicは2016年11月30日まで期間限定で永年890円のプランを行っているのですが、これを契約してしまえば、独自ドメインに設定できるSSLも永年無料で使えます。


web-sni-01
引用:https://zenlogic.jp/rentalserver/function/web-sni.html

つまり月数百円程度で他のドメインにもSSLができるということ。

設定もロリポップ並でSSL化するのも問い合わせフォームから送るだけでいいというすぐれもの。
まだzenlogicのサーバー持っていない!という方は、期間きれるまでに一つでもアカウント持っておくと色々実験できていいかと思われます。


関連リンク:2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー『Zenlogic』





最新投稿された記事はいかがですか?

  • フリーランスギャラリー