フォントを本で勉強するならまずは「フォントのふしぎ」。読みやすくてイメージ的にすっと入ってきます。


WEBデザイン然り、印刷物などのグラフィック然り。デザイン上避けては通れないのがフォント選び。

文字一つでデザイン全体のイメージがガラッと変わるといっても過言ではありません。

でもいざフォントについて勉強しようとするとどこからしたらいいの?って思いませんか?
例えば
・正しいフォントの選び方って?
・あのフォントをブランドが選ぶ理由は?
・フォントの見分け方

などなど。

もちろんフォントに関する本はいっぱいあるのですが、初級編として入るのであれば難しい学問系ではなくすっと理解できるわかりやすい本がいいですよね。




最近読んだフォントのふしぎはそんな条件にピッタリな本でありまして、これからフォントいっちょ勉強しようかなという方にぜひおすすめの一冊となっています。

フォントのふしぎってどんな本?一言でいうと「フォント選びが面白くなる本」です。


フォントのふしぎを書かれているのは小林章さんという世界的な書体デザインコンテンストでもグランプリを受賞されている日本人の方で、タイプ・ディレクターをされています。

この本の入り口としてはまず「あの有名なブランドはどんなフォントで作られているか?」ということ。

そしてなぜそのフォントを選んでいるのか、選んだことでどういうイメージ感を作り出しているのかというのがとてもわかりやすく直感的に読めるようになっています。

読んでいてもいいなーと思ったのが頭で考えながら読むのではなく、小説のように読み進められる読みやすさ。

例えばフォントの本ってやっぱり学問的な部分で理屈から書いている部分が少なからずあるのですが、そういう部分から入ってしまうとどうしても「やっぱ、やーめた。」となってしまうんですよね。

せっかく勉強しようとしたのにもったいない。

こういう時に重要だと思うのはまず自分が入りやすい入り口から入って興味を掻き立てることだと。

興味が出て行けば、知識欲がでて、その知識を解決してくれるのが理論的なところで。
しかもそれで知識が深まれば次は違う本を読んで・・・いつの間にかしっかり詳しくなっていて実務に活かせるようになっている。

それがフォントのふしぎの場合は。その興味をかきたててくれる最初の一冊なのです。

フォントのふしぎを読むと、どんなことがわかるの?


実際に読んでみて思ったのが
・色々なブランドのフォントが何のフォントか?そしてなんでそのフォントになったのか?
・フォントに関する基本知識
・実は知られていないフォントの豆知識。

最後は一番重要なフォント選びについて。本にも書いているのですが、やっぱりフォント選びってそのフォントが重要というよりも前のイメージ、伝えたい内容が重要なんです。

それが書かれていてスッと入ってきて、「ああ、なるほど。これを基本にフォント選んでいこう」と思えるものになっています。





2011年の本ですが、今読んでも時代の流れを感じさせないものとなっていますのでフォント勉強しようという方はぜひ。

ではでは。


最新投稿された記事はいかがですか?

  • フリーランスギャラリー