メニューを閉じる

滋賀のコワーキングスペースからキックスターターへ!猫じゃら360計画。

2017年11月15日 カテゴリー:ねこじゃら360
Pocket

現在今プラスではあるプロジェクトが密かに立ち上がっております。

そのプロジェクトというのがPICAM360というパノラマカメラを使って家から離れた場所でも猫の様子が見れて、なおかつねこじゃらし機能もつけて遊べるようにしようといったもの。

着々と進んでおりまして、今年の目標としてアメリカのクラウドファンディング「キックスターター」に出してみようというのが現実的になってきました。

キックスターターとは何なのか?



参考リンク:キックスターター

キックスターターとはアメリカに2009年に設立されたKickstarter社のクラウドファンディングのサービスとなります。

今プラスも移転の時にクラウドファンディングでFaavoを使用しましたがそれのものづくりやクリエイティブな製品に特価したクラウドファンディングやと思ってもらえると。

本場アメリカのクラウドファンディングなので、動いている金額も日本のクラウドファンディングと比べて成立金額も一桁、二桁ぐらい違っております。特にキックスターターは英語圏によるクラウドファンディングなので、母数が日本語と比べても広いというのがわかってもらえるかと。

そんなキックスターターですがこれまではアメリカに会社があるところしかプロジェクトを出せなかったのですが、今年の9月からは日本版サービスも提供開始となって、日本からでもプロジェクトが始められるようになりました。

滋賀のコワーキングスペースからキックスターターへ出してみよう!


そんなキックスターターに今回出してみようというのがプロジェクト名「猫じゃら360」。

PICAM360を開発された近江デジタルファブリケーションの平山さんが「PICAM360を使ってねこじゃらしを作ってみよう!」というのが発端で始まった今回のプロジェクト。

今プラスに来ている動画クリエイターやWEB製作者、イラストレーターなど計5人でキックスターターにプロモーションして出してみようというのが一つの区切りで行っています。



そんな猫じゃら360。最初は紙でこんな感じというのがあってから。



段ボールでモックアップして。



3Dプリンターを使ってこんな感じまで来ました。




しかもしっかり回ります。


大人がやいのやいの言いながら、作っていくこの過程。最終的にキックスターターでいくら集まるかは別としても面白い!

色々な業種の人が集まるコワーキングスペースだからこそ、こういうプロジェクトも創りやすいのかなと。

ということで始まりだした猫じゃら360。

次の段階として実際に動き出して猫じゃら360で本当にねこは反応するのか試してみたいと思います。

続報を待て!!