メニューを閉じる

滋賀県でコワーキングスペースという言葉が広まらないなら、違うキーワードで行ってみようホトトギス。字余り。

2017年5月10日 カテゴリー:コワーキングスペースの集客
Pocket

20141223

滋賀県に新しいコワーキングスペースとしてマグハウスが大津市の瀬田に出来ました。
2014年はこれで今プラス、Howl、マグハウスが出来てきており、2015年も新しいコワーキングスペースの誕生の波が来そうです。

コワーキングスペースが増えていくと、もちろん初めて利用する方が増えるので少しずつ「コワーキングスペースってこういう場所なんだ。」と知ってもらえる数が増えるわけです。

ただそうはいっても、その数は東京や都心比べるとまだまだほんのすこしずつ。

その少しずつの波が一気に来る何かのキッカケを待つか、それとも滋賀県民の認知度が高まるまで待つか。


いやいや、できる事はまだまだたくさんあるはずですよ。コワーキングスペースという言葉は知らないけれど、使ってみたい人は多いはずなので。


今プラスを始めなければ、コワーキングスペースという言葉は知らないままだった。


僕自身、去年の今頃コワーキングスペースをはじめようと思わなければ、おそらく今もその言葉は知らないままだったと思います。

去年の10月ぐらいまではコワーキングスペース=ノマドみたいな認識で、場所というよりもなんかカフェとかで仕事している人ぐらいの認識だったんです。

でも事務所を借りることになって、場所の有効活用をするときにコワーキングスペースという言葉を知り一気に調べるに至りました。

そうすることで、ようやくぼんやりとコワーキングスペース=作業しながら交流が出来る場所というイメージを持つことができました。

滋賀県だとWEBでの同業者のつながりを持とうとしても、どこでそういう出会いがあるかというのがわかりません。


同業者のつながりは持ちたいけれど、どこに行けばいいのか。そんな時にコワーキングスペースという場所があれば、凄くいいのではと思ったわけです。


滋賀県でフリーランスとしている人の中にはおそらくつながりを求めている人は多いと思うのですが、コワーキングスペースという言葉を知らなければ今プラスという場所は見つかりません。


それなれば、フリーランスが検索するであろうキーワードでページを作れば!と考えています。


コワーキングスペースという言葉を知らない人が、調べるであろうキーワード


思いつくもので、ざっとあげてみました。

・カフェ 仕事OK
・カフェ 無線WIFI
・フリーランス
・SOHO
・フリーオフィス
・賃貸スペース
・電源 スペース
・ノマド
・wifi
・レンタルスペース
・フリースペース
・貸しスペース

ここに滋賀県という地域名が入って、調べられた時に今プラスのウェブサイトが出てくる。

見てみると「コワーキングスペース」という場所らしい。一度行ってみようか!というのが理想の流れ。

そうなるためには、まず上記のキーワードで上に入って、なおかつ最適なページを作っておかなければ。

そう考えだすと、滋賀県でコワーキングスペースという言葉の認知度が低くても、いや低いからこそ出来る行動はたくさん出てきます。

もっとよりコワーキングスペースという場所を知って、使って、繋がれるように。