メニューを閉じる

色々なコワーキングスペースのキャッチコピーから知るコワーキングスペースの意味。

2017年5月15日 カテゴリー:コワーキングスペースについて考える
Pocket

コワーキングスペースとはどういう意味でしょうか?


色々な答えがあるからか、「コレ!」というのは難しいかもしれません。
管理人は最近は「皆の仕事場」と伝えていますが、今プラスの大家さんは「未だに人にどう説明すればいいかわからない」と言います。

ではでは全国の各コワーキングスペースはどうなんでしょうか。
ホームページを参考にキャッチコピーとなる部分をまとめさせていただきました。
※引用に問題がある場合、ご連絡下さい。即刻削除します。



大阪のオオサカンスペースさんの場合


まずは大阪にあるオオサカンスペースさんから。
ホームページ→大阪のコワーキングスペース : Osakan Space (オオサカンスペース)

キャプチャ
オオサカンスペースは笑顔が一杯。

ホームページからも交流できる雰囲気がビシビシ伝わってきます。
一人で笑顔だと気持ちが悪いですが、人との交流は自然と笑顔になれますもんね。



広島のHaLappaさんの場合

ホームページ→Ha-Lappa [はらっぱ] びんご地方初のコワーキングスペース

halappa

広島県のコワーキングスペース HaLappaさんは「人と人のつながりを広げる場所」。
広げるっていうのがいいですよね。1対1のつながりだけではなく、そこから1対1対1対…という感じが交流を持ち増えていくコワーキングスペースの良いところです。



岐阜県のUtsuke Laboさんの場合

ホームページ→岐阜県岐阜市のコワーキングスペース 【UtsukeLabo】

utsukelabo
岐阜県のコワーキングスペースUtsuke Laboさんは凄いです。
「岐阜で完全無料のコワーキングスペース」という太っ腹さ。ホームページを見ると設備もオシャレで揃っているし、こんなコワーキングスペースがあれば入り浸ってしまいます。

コワーキングスペースのキャッチコピーとはまた違うかもしれませんが、一発で印象付ける言葉であることは間違いありません。


愛知県のMYCAFEさんの場合

ホームページ→名古屋(名駅・伏見)のコワーキング・会員制電源カフェ MYCAFE(マイカフェ)

mycafe
愛知県にあるMYCAFEさんは英語で「Let’s work as if we’re partying!」。
直訳すると「皆でパーティーするみたいに仕事しよう!」ですかね。もし意味が間違っていたらごめんなさい。
パーティーするみたいに仕事するなんて・・・。


素敵じゃないですか。

いつかは行ってみたいコワーキングスペースの1つです。

神奈川県のタネマキさんの場合

ホームページ→タネマキ | 横浜 コワーキングスペース - シェアオフィス

タネマキ
神奈川県にあるタネマキさんは「何かしでかす場所を作る」。
メンバー一覧を見ても、しでかしそうな人がいらっしゃいます。
今プラスもこのメンバー一覧作ろうかな。


宮城県のcocolinさんの場合

ホームページ→コワーキングスペース cocolin

cocolin
宮城県のcocolinは「つながる、linkする、cocoで成長する 」
コワーキングスペース名をかけてのキャッチコピー。

お見逸れしました。
繋がるだけでなく、成長できる空間というのもコワーキングスペースの1つの魅力ですね。



キャッチコピーから見えるコワーキングスペースの意味

見れば見るほど、コワーキングスペース毎で特色はやっぱり違ってきますね。
こういうのにも繋がるのではないでしょうか。

ちなみに今プラスは「皆の仕事場」。
今のところしっくりする言葉がこの言葉なわけですが、今後も運営していくとコワーキングスペース=○○というベストなキャッチコピーが浮かび上がるかもしれません。