この今プラス5を作って、滋賀で独立した人・フリーランスで面識がある方にアンケートをお願いしたのですが、そういえばそれぞれの方が独立したときのきっかけってあまり聞いていないことに気づきました。
参考リンク:滋賀県のフリーランス・独立された方一覧

アンケートを見返してみると、そのきっかけが結構面白かったりすることもわかったのです。

では私はどうなのか?と振り返った時に、これから「WEB系で滋賀で独立したい!」という方の参考になるかもと思って、独立から5年までの話を振り返ってみることにします。

これが本当に参考になるかはわかりませんが、まあ滋賀でWEBで生きていく為にこんな道もあるよということで。


水道設計会社を辞めてWEBで独立を目指すも…


独立したいと思ったきっかけは、前職の水道の設計会社に3年ほど勤めていた時(当時21歳)でした。

その設計会社では10代の頃から働かさせてもらい、30代から60代の先輩方に社会の常識というものを教えてもらいました。

今でもこの一度社会人として会社に属した経験というのは大きいと感じています。

話の折り合いの付け方や空気の読み方なんかは、座学だけでは身につかないことで、また滋賀県の社会というものはこういうものなんだということが垣間見えたりも。

今でも振り返ると設計したり、自分が何かを作るということが本能として好きなんだなというのに気付いたのもこの時でした。

働いている分にはとても良い会社でしたが、その作りたいというものが、建物ではなくWEBだったというのに気付いたのが、私の中で方向転換を決意した時。

退職の意向を伝えさせて頂き、私がその当時抱えていた小さな小さな仕事の引き継ぎをして1ヶ月ほどして退職。

今でも以前働いていた会社の方と会うことがあるのですが、もしあのまま働いていたらどうなっていただろうと想像することがあります。

ただどうしてもその想像ができない。おそらくそのまま働いていた場合の未来というのは自分の中にないのでしょう。

会社を辞めたからといって、人生はそんなに甘くありません。
WEBで食べていきたいと思い、挑戦した半年後には住んでいたマンションの家賃の支払も難しくなり、もやしと白ご飯のみの生活が続き、結果断念。

地元の工場で働き、更にイタリアン店でバイトをしました。

お金になんとか余裕が出たと思ったら、改めて後ろを見ずにスタートした独立が設計会社を辞めて1年半経った頃。


前回の失敗を受けて、まずは今持っている技術をお金にしなければと思い、受注製作をはじめることにしました。


知り合いがいなかった創業時に救われたのが印刷物製作


受注製作として取った手段はまずウェブサイトの製作。そして印刷物で主にチラシの製作でした。

当時は独立された知り合いも周りに全くおらず、また仕事の下請けをしたくても同業者も知らない。そんな中で振り返っても「この手段は良かった。」と思ったのがチラシの製作のウェブサイト立ち上げ。

ウェブサイト製作での受注依頼は2ヶ月に1回ぐらいでしたが、チラシの製作は大体週に1回程度。金額はもちろん印刷物の製作の方が低かったですが、結婚したての二人の生活を支えるにはギリギリ十分な金額でした。


そこから運も手伝って、なんとか4年。紹介して頂ける割合も増えて、売り上げ的にもそろそろ個人事業主卒業かなと思ったのが2013年10月頃です。

あの頃にもう一度自分が戻れるとすれば。そしてこれから独立しようとされる人がいれば、アドバイスできるのは、「ひたすら作る」ということだと思います。


仕事がなくても、「こんな依頼が来た時に。」というイメージでデザインすることは出来ますし、それが自分の作品集として後々にも活用することができます。

また広報用のウェブサイトは自分が思いつく限りに作りこんでおくこと。継続的にできていれば、知り合いがいなかったとしても必ず新規の依頼は訪れます。


独立4年目に大きな転機。法人なりとコワーキングスペースの運営。


2013年10月頃に、法人にすることを考えていて更にその機会に自宅兼事務所から独立して事務所を借りたいという想いがふつふつ。


その時に湖南市でボランティアとして参加していた湖南市国際協会の中島さんに事務所のことを伝えると、「それなら離れを借りてみる?」と有難い申し出を受けることになりました。

実際にその離れを見てみると、築100年以上の古民家で、二部屋のスペース。私が使うだけではあまりに広いスペースをどうしようと思って、スペース活用で目にしたのがコワーキングスペースだったのです。

コワーキングスペースという言葉自体は知っているけれど、どんな場所かわからないと思って、まずは京都のcotoさんやoinai烏丸さん、滋賀のROOTさんなどを利用。

中でもcotoとROOTの管理人のお二人には参考になるお話を聞けて、これがコワーキングスペースを始める前の私としては大きかったです。

2013年12月から自分達でリフォームを行い、2014年1月に個人事業主であったジャパニーズの屋号は、そのまま法人としてジャパニーズ株式会社として設立。更にそのタイミングで湖南市初のコワーキングスペース「今プラス」の運営がはじまりました。


6年目、7年目とこれからしていきたいこと。


この今プラス5のサイトが正式に公開されたのが2015年2月。

法人設立と、コワーキングスペースの誕生から1年ほどが経過しました。

今後していきたいことは受託製作を受けつつ、自社のメディアサイトをどんどん作り上げていくこと。

現在手がけているサイト
今プラス-コワーキングスペース管理人ブログ-
今プラス5 滋賀県のフリーランス・SOHOの情報まとめ
KODAWARI 滋賀県のレポートサイト
not biwaken 滋賀県のフリー写真素材サイト
heshe-滋賀県の○○出来る人を探そう-


滋賀県で育ち生活しているとまだまだ欲しい情報がネットにはなかったりします。

WEB屋として、利益が出なかったとしても少しずつ情報を作っていき、滋賀県の誰かが「この情報見たかった!」となってくれればそれでOKです。

そしてコワーキングスペース「今プラス」に毎日5人が訪れて利用されるスペース。立地や人口なんか関係なくてもコワーキングスペースって出来そうですよというところを証明していきたいと思います。


これから独立する方にこの内容が参考になったかはわかりませんが、「これから独立したいと思っているんです。」という方の相談を受けるのは結構好きだったりします。

また独立したはいいけど…という悩み相談も。私に何ができるかはわかりませんが、話を聞いて解決策を一緒に考えたり、笑いながら「あるある。」といって話せたりします。


10代で独立する人も50代で独立する人も、自分の思いを誰かに真剣に話してみたいという方は一度今プラスに来てみてください。

何か新しいきっかけと刺激が生まれるかもしれません。


  • フリーランスギャラリー